リサイクル事業

Recycling Enterprise

回収した使用済み小型家電製品は、作業員の手作業や最新の破砕機・選別機によって高度に分解・破砕、分別され、金・銀・銅・レアメタルの元になるミックスメタル、鉄、アルミ、プラスチックなどの有用資源に再生されます。特に、小型家電に多く含まれるプラスチックをさらにPS・PP・ABS等に分別することで、高いリサイクル率を実現します。リサイクルされた資源は、金属商社や精錬工場などに販売することで、資源の国内循環を支えます。

3種類の処理ラインによる効率的なリサイクル

Aライン プラスチックと金属系マテリアルの選別

プラスチック含有量の多い比較的大型の家電および情報機器向けのライン

Bライン 金属系マテリアルの詳細な選別

主に金属含有量の多い比較的小型の家電および情報機器向けのライン

Cライン プラスチックの高付加価値化

比重差を利用した湿式分離を行い、選別精度を高めるをライン

Dライン プラスチック専用光学式選別ライン

Aラインで選別したプラスチックを「省エネ」かつ「さらなる高精度」に選別するためのライン

主な設備

  • 二軸合計18枚の刃で、小型家電から大型複合機(コピー機)まで様々な大きさ、材質の破砕物を手選別可能なサイズに粗破砕します。
  • コンベヤ上の破砕物から鉄を電磁石で選別します。処理能力が高く、高速に大量の鉄を選別することができます。
  • 近赤外線センサー搭載で色による選別に加え、プラスチックの素材別(PS、PP、ABSなど)の分別ができます。
  • 高速回転するブレーカとグラインダで材質を問わずに一括混合破砕が可能です。細かく均一性の高い破砕物にすることができます。
  • 強力な永久磁石と回転ドラムによってアルミの回収を行います。

月間リサイクル処理能力 2,000t

プラスチック含有量の多い比較的大型の家電および情報機器向けのAラインと、金属含有量の多い比較的小型の家電および情報機器向けのBライン。選別の精度を高めることでプラスチックを高付加価値化することができるCライン。
3つの特徴あるラインを用意することで、効率的なリサイクルを実現します。

HOME